直葬

直葬とは

直葬

プランに含まれているもの

  • 御霊棺
  • 香洞
  • 納棺料
  • 役所手続き
  • 火葬場案内
  • 施行運営管理

プランに含まれていないもの
(その他、追加祭壇・ハイヤー等皆様のご要望にお応えします)

  • ドライアイス
  • 火葬・控室料
  • 骨壷
  • 霊柩車
  • 寝台車
  • 式場・安置料
  • 料理
  • お別れ花
  • 防水シーツ
  • 特別メイク
  • 後飾り壇
  • 供物菓子
  • 旅支度
  • 遺影

※宗教者への支払いは別途かかります。

通夜・告別式のような宗教儀礼をおこなわず、火葬のみを行う葬儀をいいます。

火葬ということばの通り、故人とのお別れは自宅や葬儀式場ではなく火葬炉の前で簡素に行うため、お別れの時間が短く制約されます。宗教儀礼を行わないため、葬儀費用を抑える事が可能です。

葬儀式場等を使用せずに、火葬当日に火葬場へ集合して火葬炉前でごく短い時間でのお別れをしたのち、荼毘にふすため火葬炉に納めます。火葬炉前読経を行う場合でも数分程度(5分位)の読経です。火葬場は本来「お別れ」を済ませ、火葬予約時間を目指し霊柩車にて向かう場所です。

火葬場によっては火葬場での「お別れ」を事前に伝えることが、規則になっているところもございます。直葬は各火葬場の協力と了解を得て行います。火葬場業務は多くの目的があり、その中には公益性や公共性もその一つです。大人数での火葬場合流や、火葬予約時間を超過してのお別れ等はその目的から外れます。

その場面が予測される場合は、弊社の「お別れ葬」をご提案させていただきます。直葬では通常の葬儀に比べて費用と時間を軽減できますが、その反面宗教者不在の火葬後に様々なお考えやお気持ちになる方もいるようです。弊社では葬儀打合せの際、お墓や菩提寺の有無を伺います。

葬儀の思わぬトラブルを未然に防ぐために、お墓をお持ちの方は、お墓を管理している菩提寺に
一日葬や直葬などを希望していることを、事前に確認と了承を得る事をご提案いたします。

直葬マナー

家族や近しい親族だけで参列をするため、服装面ではあまりこだわる必要はありませんが、一般的なお葬式同様に喪服やブラックスーツなどを着用して、最低限のマナーに則った振る舞いを心がける必要があります。お香典を用意される方もいらっしゃいますが、受付がないため渡すタイミングに困ってしまうこともあるでしょう。ですがこちらも特に決まりはありません。

火葬の前後でお手隙の際に喪主へ直接お渡しするようにしましょう。お香典に対してあらかじめ返礼品をご用意することも可能ですが、人数が少ない場合は49日法要など、後日あらためてのタイミングでお渡しをされる方もいらっしゃいます。また家族葬と同様に、葬儀後のトラブルをさけるためにも参列される方は慎重に選ぶ必要があります。

直葬の葬儀費用について

セレモニーホール神奈川での
見積り例

¥388,930(税込)

お見積り例

ハートステージ都筑での
見積り例

¥388,930(税込)

お見積り例

ハートステージ町田での
見積り例

¥367,360(税込)

お見積り例

直葬の費用相場
直葬の費用相場は、神奈川県にお住まいの方の場合、お布施などの宗教費用を除くとおよそ30万円〜(※自社施行実績をもとに算出)となることが多いです。実際には安置日数・搬送費用・火葬場等の状況によって上下に大きく変動する可能性もございます。

安置日数
火葬までの間は式場でのご安置が基本となるため、日にちがあいた場合はその分のご安置費用が日数分かかります。

搬送費用
霊柩車や寝台車を使用した病院・式場間へのご遺体の搬送費用です。自宅へのご安置等で式場へ直接安置しない場合は、その分のご遺体搬送の行程が増えます。

火葬場料金
10歳以上で横浜市内の方は12,000円、市外の方は50,000円の火葬料金が発生いたします。(令和3年10月1日現在)

宗教
炉前でのお経は菩提寺によってお布施が異なりますので、詳しくは直接お伺いしていただくことをおすすめいたします(場合によっては出仕をお断りされるケースもございます)。

直葬の流れ

直葬とはダイレクト・クリメーション(直接火葬)の略語です。一般的な通夜・告別式はせず火葬のみ行います。
当社では、お預かり中の面会はご遠慮してもらっています。火葬日当日、火葬場での対面のみとさせていただきます。
菩提寺 様がいる場合は直葬で行う事の了解を得てください。(葬儀後のトラブルを未然に防ぐため)

ご逝去〜搬送
病院・施設等でご逝去された場合、まずは葬儀社へ連絡をしてご遺体を迎えに来てもらうように手配をしましょう。

ご安置〜葬儀の準備
式場や自宅へのご搬送をいたします。なお式場でのお預かり中のご面会はご遠慮させていただいており、火葬日当日に火葬場でのご対面のみとさせていただきます。菩提寺様がいらっしゃる場合には、葬儀後のトラブルを避けるためにも事前に連絡して必ずご了承を得ていただくようお願いいたします。

ご火葬
火葬場のロビー等でお待ち合わせをいただき、参列者が揃った段階で炉前へとご案内いたします。柩をおさめた後は約1時間〜1時間半ほど控室にてお待ちいただき、火葬終了後はご収骨をして散会となります。人数が限られているため、会食のご用意はせずにそのままご自宅へお帰りになるか、外食等で済まされる方が多いです。

直葬のメリット・デメリット

メリット

・参列者への対応に気を遣う必要がない
・葬儀費用の負担を軽減できる
・逝去から葬儀までの時間が短縮できる

直葬は家族や近しい親族だけでおこなうため、参列者への対応に気を遣う必要がありません。また、シンプルなお葬式の形式のため、費用面や全体にかかる時間の負担を軽減することが可能です。

デメリット

・ゆっくりとしたお別れが出来ません、希望する方には不向きです
・周囲の人や菩提寺の理解が得られないこともあります
・お葬式後に自宅等にいらっしゃる方々への対応に負担がかかる場合がございます

一般的な葬儀では通夜、告別式と2日間に渡って故人とのお別れをする時間があります。しかし、直葬では対面できる時間がごく短い時間に制限されてしまうため、お別れの時間を十分にお取りすることができません。また、中には直葬に関して親族や菩提寺の理解を得られない場合もございます。

さらに葬儀後に訃報を聞きつけて、直接自宅へ訪問される方もいらっしゃいますので、その際の別途対応が必要になってくることも考えられます。

一般的な葬儀の流れ

[24時間年中無休]
お気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル0120-310-866